REMEDYGARDEN
<↑代表 田上玲子の日々のつぶやき>

REMEDYGARDEN
<↑布ナプやお店についてのあれこれ>

『布ナプキン専門店レメディガーデンが生まれたきっかけになったあの日』~2年目

東日本大震災から2年が経ちました。
この地震で犠牲になられた方々のご冥福と、被災地の一日も早い復興を願い、
ご遺族をはじめ、今でも深い悲しみの中にある全ての方へお祈り申し上げます。

去年のこの日、私は『布ナプキン専門店レメディガーデンが生まれたきっかけになったあの日』というブログを書きました。
この震災が、布ナプキン専門店としてのレメディガーデンを生み出す一つのきっかけとなった日だからです。
よろしければ、ご一読ください。小さな私ですが大きな想いをより多くの方々にお伝えできればと思っています。

それまでにも、色々な場所でたくさんの方から、なぜ布ナプキン専門店をやろうと思ったのか?というご質問をいただいていました。
もちろん、布ナプキンの素晴らしさを伝えていきたいということは思っていたのですが、
自分にできることを命の限りやっていくことが、今の私にできることだと考えたからで、それは今でも変わりません。

お店にご来店くださったり、オンラインでご購入くださったお客様が、また周りの方々に広めてくださったりして、少しづつ布ナプキンの輪が広がっていると実感しています。

大変な事も沢山ありますが、私の想いに共感してくださる多くの方々やスタッフの皆に協力してもらえ、着実に前に進めている事に感謝します。

毎年この日は、何年先も私の信念に立ち返る日となることでしょう。

環境は日々変化していくかもしれません。
それでも、二年前のこの日の決心を忘れずに、これからも前に進んでいきたいと思います。

少しでも早く、この活動が大きな役に立てる日が来るように。

哀悼の意を込めて

レメディガーデン 代表 田上玲子

カテゴリー: 布ナプキンにまつわる事, 私の生き方、考え方, レメディガーデンのこと, プライベート, 未分類, 代表 田上玲子の日々のつぶやき   パーマリンク

『布ナプキン専門店レメディガーデンが生まれたきっかけになったあの日』~2年目 への3件のコメント

  1. にゃーこ より:

    関東大震災後、ドラッグストアからおむつや生理用ナプキンが商品棚からなくなり、
    ガランガランになって不安だった事を未だに覚えています。
    当時、私はまだ布ナプキンを持っていなかったので「どーしよー!!」と思いましたね。
    今は、布ナプがあるので大丈夫ですが★
    話は変わりますが、シルク製のTバックライナーは作る予定はありますか?
    シルクのライナーを毎日使いたいと思いまして。スカートよりパンツを履くことが多く、スカートの時もラインが気になるので是非、作っていただきたいです(*^_^*)お願い致します。

  2. マイ より:

    始めてコメントさせていただきます。
    私、最近新生活を始め、布ナプキンデビューいたしました。
    元々、布ナプキンには興味があったのですが、なかなか専門的に置いてるお店がなかったのとどのように始めればいいのだろう??と思いながら・・・HPにてレメディーガーデンに出会い、直接お店に行ってみました。正直恥ずかしいなぁと思いつつお店に入ったのですが、同世代の方が普通に購入していたので安心しました。
    実際使用してみると、これがまあ本当に快適で・・・いつもの不快感が全くありませんでした。もっと早くに出会っていたら・・・なんてデビューしたてではありますが、この快適さは早く友達にも勧めてみようと思っています。
    この出会いにも感謝☆ありがとうございます(>_<)

  3. ともこ より:

    初めまして。
    助産師さんによる月経教室を開催したばかりで
    月経のキーワードから偶然たどりつきました。
    経血コントロール、興味深く読ませていただきました。
    先月千葉県我孫子市に7年つづけていた店を閉めたところですが、
    閉店前、いらしてくださったのは玲子さんのお母さまではないかと
    ブログを読みながら思いだして、コメントさせていただきました。
    まったくの勘違いでしたらどうぞ失礼をおゆるしください。
    店に立ち寄ってくださったちょうど私の母世代の女性が
    店内にて販売しておりました布ナプを手にとられ、
    「私の娘も京都のほうで布ナプを扱っているのよ」とおっしゃってました。
    もう店を閉じてしまったので、お母様と再会も難しいですが、
    もし、お母様でしたら、よろしくお伝えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です