布ナプキン レメディガーデン : ご注文・商品通販 075-741-8845(平日・土日祝 11:00~20:00)卸・取材・広告について 03-6455-4683(月~金 10:00~18:00)

布ナプキン専門店 レメディガーデン REMEDY GARDEN

ブランド一覧
用途一覧
生地一覧
商品カテゴリー

ご注文・商品通販

075-741-8845

(平日・土日祝 11:00~20:00)

卸・取材・広告について

03-6455-4683

(月~金 10:00~18:00)

HOME > 経血コントロール

布ナプキンにまつわるあれこれ

月経血コントロールってなに?どうするの?

月経血コントロールとは、簡単に説明すると、「生理中の経血はトイレで出す」ということです。

初めて耳にする方は、???疑問符だらけですよね。不可能に思われがちな技ですが、実際女性であればどなたでもできるようになっているのです。
最初は私も、そんな事ができるのかと思いましたが、やってみたら驚くほど快適で、そんなに難しいことでもありませんでした。
紙ナプが普及する以前の布を当てていた時代からもっと以前の女の方達は、着物の下に下着を着ける習慣がなかったので、生漉き(きずき)の紙を詰めていただけでした。
小さく丸めた紙を栓のように膣口からすぐのところに入れていただけですから、それはもう、垂れ流していたら大変なことになってしまいますよね。

そうはいっても、月経血コントロールが出来ると何がいいの?と思われる方も多いと思います。
実は、出来るようになると嬉しい効果がたくさんあるんですよ♪

まず、突然生理になっても慌てることがなくなります。生理日近くに薄手の布ナプやライナーをあてておけば問題ありません。

布ナプだって、大きなタイプのものや防水布入りのものを使わずに済むので、一番通気性のいいタイプで生理の初めから終わりまで過ごせます。

生理痛が緩和したり、経血量が減り、早く終わる方も。

お手洗に行った都度、経血を出すようにすると、布ナプキンも汚れずお洗濯もとっても楽です。
「洗わないといけない布ナプキンが多くて、お洗濯が面倒だなー・・」というめんどくさがりさんこそ、「汚さない!布には出さない!」と思うため 月経血コントロールに意識が向きやすいかもしれませんね♪

いきなり何時間も溜めておくのは難しいかもしれませんが、慣れるまでは、多い日でもこまめに行けば、ほとんどナプキンは汚れなくて済みますし、 外出時の荷物(替え)も必要なくなります。

この方法は、骨盤底筋を意識して鍛えることにより自分の意志で経血を排泄できるようになるのですが、膀胱・直腸を支える筋肉でもある為、 尿漏れにも効果的です。

それに思わぬ副産物も。
それは、愛し愛されるカラダになり、妊娠力UPに繋がります。
コントロール出来る体になるということは、膣の筋力が向上し自分がきちんと快楽を感じられる「愛すべきカラダ」を持ち、それに連動して相手の体を満たす「愛されるべきカラダ」になるということ。
より良いsexは、女性にとって本当はとても大切なことで、心と体のバランスが整い、健康的な美しさをもたらすことが出来るのです。
パートナーとの愛情のもとでの行為は、PMSや更年期障害の症状を改善させたりもしますし、妊娠しやすい体を作る事にも繋がります。
なぜかというと、妊娠だけを目的としない自然な肌の触れ合いを求めての行為に変わり、回数も増えます。
パートナーと日にちを気にせず触れ合いを楽しんでみる。
こんなことで、ふと、体の緊張が緩み、子宮はあたたかくやわらかく、居心地の良い環境を作ることができたりします。
野生動物は交尾の刺激を受けて排卵するので妊娠率がすごく高いってご存知ですか?
本能に基づいた行為は奇跡みたいなことを、時として私たちに起こしてくれるのです。

どうでしょう?いいこと尽くしの月経血コントロール。挑戦したい!と思われましたか?

はじめてみるにあたって、最も大切で簡単に実践できることがあります。それは、「きちんと意識する」こと。

紙ナプキンは高分子吸収ポリマーが一瞬にして血液を吸収して固めてしまうので、自然と無意識に経血を垂れ流してしまう。
布に変えた方の多くから、「自然とコントロールできるようになった」とお伝え頂きますが、これはやっぱり布にすることで「生理や子宮を意識するようになる」ことと深い関係があるとおもいます。
ただ単に生理を楽にする為だけにとどまらず、「自分の体の機能をきちんと使う」そうすると、紙ナプキンで鈍ってしまった子宮や体は目覚め、好循環のもとに動き出してくれます。
布ナプキン同様、まずは難しく考えずにやってみることから初めてみてくださいね。

では、いざ実践です!

コントロールしやすいポイントや体の使い方は個々に違うと思いますが、まずは一番基本的な流れをお伝えしますね。

≪point1≫

"お手洗いに行きたい"と尿意を感じて我慢する時のように、膣口を締めておく。
子宮に吸い上げるイメージでキューっと引き締めておいてください。
*分かりにくい方は、排尿時に途中で止めてみてください。この時膣口も締まるので分かりやすいと思います。
出来ない、ピンと来ない方は骨盤底筋が弱っているので、お手洗いの度に締めては出す、を繰り返して練習して下さいね。

≪point2≫

慣れるまで1時間おきに小まめにお手洗いに行きます。心配な方は30分おきに行きましょう。
朝起き上がる時も膣口を締めてお手洗いに行きます。血液がジュワーッと降りてくるのを感じると思います。
子宮にたまった経血をリラックスした状態で排出します。最後に腹圧をかけて出し切ります。
この時無理に力をかけようと手でお腹を押したりしないように!
子宮に経血を溜める、膣口を締める、お手洗いで出す、と意識して行う事によりだんだんと経血が子宮にたまっている量が分かるようになります。
*うまくできなくても大丈夫。日々point1の排尿時の止めて出す、を繰り返し練習して下さいね。

≪point3≫

お手洗いで経血を出せるようになるために、生理の時以外の日もゆっくり膣を締めて緩める動作をしてみましょう。
電車の中や座ってデスクワークをしているときなども有効活用しちゃいます。
骨盤底筋を日ごろから鍛えておくことは尿漏れを防いだり、免疫力向上にもつながります。
またコントロールを習得するために知っておいてほしい。
なるべく布ナプキンを当ててほいいという事。布を当てるほうが断然意識しやすく解分かりやすいからです。
経血コントロールが出来るようになるために最も重要なのは子宮や生理の経血を意識することです。
紙ナプキンだと体がいつでも経血を垂れ流してよい、と体が認識しているので、普段は子宮に経血が溜まってゆく感覚を考えませんよね。
布ナプキンは下着と変わらない着け心地の為、人の習性として"汚したくない"と感じることから布ナプキンにしたら経血コントロールが自然と出来るようになったというのは意識が子宮、膣口に向いたからですね。

さて、ここまでが基本の流れです。どうでしょう?出来る気がしてきませんか?
最後にコントロールする上でとても大切なことをお伝えします。

"自然な物を身に着け、カラダの感覚を鈍らせない"ということはもちろん、
"経血を溜めておける子宮のスペースがきちんとあるカラダを作る事"が重要です。

コントロールするにあたり、膣口を締めるとお伝えしましたが、締めるのはあくまで膣口です。
子宮は緩めて膣口は占めるというのがポイントなのです。
子宮を緩める?ピンと来ないと思いますが、現代人はストレスや同じ姿勢でのデスクワーク作業で座りっぱなしなどで、
カラダが知らず知らずのうちに緊張して固まっている方が多いのです。そのせいで肩が凝るように、内臓も凝っているんです。
この凝りをほぐすため、リラックスすること。カラダの緊張をほぐすことです。
関節やカラダをブラブラとしてみたり、骨盤をハの字に前後左右回してみたり、腹式呼吸をしてみる。
カラダを温めて、さすってあげる。日ごろから出来ることを少しずつ、意識してやってみる。
そうすると段々経血コントロールが出来るようになります。
あせらず、それぞれのペースでチャレンジしてみてください。

おしっこは膀胱いっぱいに溜まって出そうになったらお手洗いで出す。
生理の経血もそれと変わらないと思って下さい。
そう考えるとなんだか出来そうですね♪
昔の女性は出来ていたこと、私たち女性にはその機能があるんです。
赤ちゃんだって柔らかいふかふかの子宮の方が居心地が良いのです。

「なかなかうまくできない」、「失敗しちゃうかもしれない」、「完璧に出来ない」、
完全に出来なくても、ずっと紙ナプキンに垂れ流すより何倍も嬉しい効果をカラダにもたらしてくれるのですから、
とにかく挑戦してみてください♪
愛し、愛されるカラダになり女性が子宮から元気になって、この地球を変える日は遠くない未来です。

PMSと生理痛>>