布ナプキンの効果

まず、紙ナプキンから布ナプキンに変えてみられた多くの方が口を揃えておっしゃるのが経血量が減ることと、生理痛が緩和されると言うこと。

生理の時に、あてる物を紙から布に変えるだけで、生理時の大きな悩みが改善されるなんて、ちょっと信じられない、という方もまだまだ結構おられます。

でも、理由を考えててみると、納得していただけるはず。
REMEDY GARDEN について、でもお伝えしたように石油原料の紙ナプキンが子宮に与える悪影響は大変なものです。

使い捨て紙ナプキンが日本に普及し始めたのは、1960年代、高度経済成長期に大量に製造された紙ナプキンは "簡単便利!!いつでも清潔!!"といったイメージが強く、女性社会進出が進んだこともあり忙しく働く女性にとっては生理の面倒を解消してくれる"お助けグッズ"として定着してきました。

しかし、果たして本当に生理の面倒を解消できたのでしょうか??

生理の時でも仕事や家事ができるようになった
生理の不快さを忘れることができた・・・など、

でも、その便利さと引き換えに生理の時でも無理をしてしまいカラダに負担が掛かってしまい生理痛など激しくなっています。

カラダを冷やしたり、ニオイや漏れを防ごうと子宮呼吸を無視していませんか?
薬で痛さなど誤魔化さなくてはならないなんてことにもなってしまうのです。
自分でも気付いていないうちにカラダはストレスを感じているのです。

布ナプキンを使用することによりカラダの変化を感じることが出来るのです。
基礎体温や生理周期はもちろん、生理の量や状態で繊細な体調の変化を感じることが出来るのです。

人はやはり自然に沿って生きていなくては体も不自然になるのは当たり前。
女性にとって、とても重要なポイントである生理期間に、自然とは対極にある紙ナプキンを使用することによって、女性が本来持っている正常な子宮環境を乱してしまう原因に。 生理痛やPMSなどがつらくなり、量も増えてしまうという結果に。
ですから、自然界にある、植物などからできている布が必要になってくるのです。
そうすれば、本来の生理が、女性としての喜びを実感できる期間だと認識できるようになります。
いいところをあげたらきりがないくらいですが、布ナプキンの、一般的に多い効果が以下です。

生理痛が軽くなる
ムレ・かぶれの緩和
PMSが改善
量が減る
周期が安定する
自分の体調が血液で分かるようになる
ゴミが減り、環境にやさしい
生理が楽しみになった

布ナプキンの必要サイズと枚数

一回の生理で何枚くらいの布ナプキンを用意すればいいの?というご質問をよく受けます。
布ナプキンも紙ナプキンも、変える時間はさほど変わらないと考えていただいていいと思います。
変えるタイミングは、量によって人様々ですので、一日の必要枚数も変わってきますが、

が、現在使っていらっしゃる方の平均枚数です。

お洗濯を考えると、2~3日分をそろえればローテーションして使えるので、 まずは10~15枚くらいあれば、その月の生理を布ナプキンで過ごせると思います。

サイズは少ない日、普通の日、多い日と夜用に、3~4種類ほどをそれぞれ持つと便利です。

初めて使われる方は、最初から全て買い揃える必要はなく、何度か生理を布ナプキンで過ごしてみてから少しずつ買い足して いくのも良いのです!
使いながら生地や形の好み、自分に必要な厚さ・枚数がだんだんとわかってきますので、ちょこちょこと揃えるのも楽しいです。

それでも最初からそんなに揃えるのが難しい!という方は・・・

★各サイズ2~3枚づつから揃えてみる

★おりもの用のライナーから始めてみる

★家にいる時などの夜用から始めてみる

・・・というように、気楽に、できるところからとりあえず!な感じで始めてみてはいかがですか?
いきなり全て布ナプキンにしなくても、家にいる時や少ない日から始められると心配もなく済みますし、少しすれば扱いにも慣れ、 タイミングや経血量などが感覚でわかるようになったら外でも心配なく使えるようになります!

ただ、いつも紙ナプキンを使っていると、安心して長時間着けっぱなしにしていて交換する時にはナプキン全体が真っ赤っ赤!! なんていう方も多いのではないでしょうか。
これは衛生的にもおススメできませんので、最初はご自分の経血量を知る為にも、2~3時間でチェックをしてみると良いでしょう。
こまめにトイレに行ってみるクセをつけることで、月経血コントロールも断然しやすくなりますよ♪
そして、コントロールができるようになってきたらナプキンにつく経血の量がぐっと減りますので、布ナプキンは必要最小限の枚数 で済むようになりますし、またお洗濯もラクになっていきます☆

まずは枚数や不安ばかりにとらわれず、布の感覚と気持ちよさを味わってみてくださいね
まずは布の感覚、気持ちよさを味わってみてください。

トップへ戻る