布ナプキンにまつわるあれこれ

PMSと生理痛

◆PMS◆

最近「PMS」という言葉を聞いたことのある方は増えていると思いますが、詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?
PMSは「月経前症候群」とも言われ、排卵後から生理が始まるまでの期間に体調不良や精神的に不安定になるなどの症状を総称したものです。
よく見られる症状としては、

  • 下腹部の痛み
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 吐き気
  • むくみ
  • 気分が落ち込みイライラする
  • 集中力の低下
  • 過食

などがみられます。

PMSの原因は様々ですが、一つにプロゲステロンというホルモンが挙げられます。
プロゲステロンは女性ホルモンの一種で、バランスが崩れやすいホルモンですが、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を維持したり、精神的な安定などに関わるとても大切なホルモンです。

女性は排卵などでこのホルモンの分泌量が増えるとPMSの症状が出るようです。

PMSの症状には個人差があり、強く症状が出てしまう方、あまり感じない方など様々です。
ストレスや体調の不良によってホルモンバランスが崩れるとプロゲステロンの分泌量が過剰になり症状がひどくなる方も多くいらっしゃいます。

◆生理痛◆

ほとんどの方が毎月のように悩まされる生理痛、この痛みの原因は何でしょう?
現代女性はストレスの多い環境で生活されている方も多く、そういったことも生理痛の原因の一つです。
その他にも食生活や疾患など原因はいろいろとありますが、あまり知られていない大きな原因の一つが「紙ナプキン(ケミカルナプキン)」です。

市販の紙ナプキンは血液を固めて留めるために高分子吸収ポリマーが使われ、肌面は塩素漂白された不織布が使用されるなど化学物質で出来ています。
この高分子吸収ポリマーは水分を吸収すると冷えていくという化学反応を起こします。
つまり、経血を吸収した紙ナプキンは市販の冷却ジェルシートと同じような作用を起こしてしまうのです。
そのため、生理中に紙ナプキンを使うと体はどんどん冷やされ、冷えによって内臓の働きも鈍ります。
内臓(子宮)の働きが鈍るとスムーズに経血を排出できなくなります。
そこで、経血を排出させようと子宮を収縮させるホルモンを分泌させるため、生理痛もひどくなってしまいます。

また、膣などの粘膜は吸収力が高く、化学物質なども吸収し子宮に蓄積してしまうと言われています(経皮吸収)。
こういった体に吸収・蓄積してしまった化学物質を排出しようとするため、現代の女性は過剰に出血しているとも言われています。

◆どうすればPMSや生理痛が緩和される?◆

そもそもPMSや生理痛は紙ナプキンのできる前の時代の女性にはなかったと言われています。
昔の女性は小さな紙や布を膣口にあて、軽く栓をして経血はトイレで出していました(経血コントロール)。
紙ナプキンなどの化学物質の影響を受けることもなかったため子宮の冷えもなく、経血も最小限に抑えられ生理期間も短く普段と同じように生活できていたそうです。

何年も紙ナプキンを使用し続けてきた私たちの子宮は紙ナプキンをつけていない間も冷えた状態になっています。
そのため、血行も悪くなりPMSの症状であるむくみや腰痛なども起こりやすくなってしまっています。

まずは冷えてしまった子宮を温めて正常な状態に戻してあげましょう☆

布ナプキンはその名前の通り布でできており、化学薬品なども使用していません。
特にオーガニックの物は保温効果も高く子宮を温める効果も抜群です♪
子宮(内臓)を温めてあげることで全身の血行も良くなり、経血の排出もスムーズになるので布ナプキンにして生理痛が軽くなった!という方も多いです。
また、オーガニック以外の素材ではシルクも体を温めてくれる効果が高く人気です。
デトックスや冷え取りの効果のあるREMEDY GARDENのシルクライナーSSなどは上質のシルクを使用しているため肌あたりも良く、毎日身に着けるのにもオススメです☆

ホルモンバランスはストレスによっても崩れやすいので、毎月の生理の不快感へのストレスや痛みへの恐怖感があることで
よりPMSの症状を悪化させてしまうこともあります。
まずは子宮の環境を改善して体の感じる不快感を取ってあげましょう。
紙ナプキンを使わなくなると子宮が排出する化学物質も減るため出血量も正常になり、紙ナプキンを使っていた時より経血が減る方も多いです。
また、通気性も良いため蒸れなどの不快感からも解放されます。

布ナプキンによって子宮を温めてあげること、化学物質を体内に入れないこと、生理の不快感を軽減してあげることが大切です。

PMSの症状で特に精神面(イライラや落ち込みなど)の症状が出る方はホルモンのバランスを整えるためにオーガニックリネン素材のものや
婦人科系の効能のある薬効染めのライナーを普段から身に着けるのもオススメです。